ミッドワイフの家


書誌情報

タイトル  『ミッドワイフの家』
著者    三木卓
刊行日   2018年11月2日頃
価格    1800円+税
ISBN  978-4-909758-00-2
判型    四六判(128mm×188mm)/308P
装幀    コバヤシタケシ
装画    柳智之

 

内容紹介

第68回芥川賞候補作で、1973年に初版発行された三木卓氏の第一小説集の復刊です。
異性への畏怖、憧れ、情欲という切実な問題にぶつかる若者の姿を繊細に表現し、男女の機微を丁寧に描写することで、感受性豊かなイメージが喚起される。鋭敏な<性>の物語です。

執筆当時、今まで誰も読んだことのない若い男女の話を書かねばならない。という強い決意を込めて完成させた著者の第一小説集は、現代でも色褪せず、類を見ない傑作となっています。(表題作の他に、「巣のなかで」、「炎に追われて」の二編収録)

帯文

著者プロフィール

詩人・小説家。1935年生まれ。早大露文科を卒業。詩人として詩集『東京午前三時』でH氏賞、『わがキディ・ランド』で高見順賞を受け、小説家としては「鶸(ひわ)」で芥川賞、『路地』で谷崎潤一郎賞、『K』で伊藤整文学賞を受賞する。児童文学作品や児童文学の翻訳も数多く、『ぽたぽた』で野間児童文芸賞、『イヌのヒロシ』で路傍の石文学賞を受賞するなど、詩、小説、児童文学の世界で受賞歴多数。2011年、旭日中綬章を受章。

ネット購入